Are you happy?


by lucky-ukky

立ち上がるおやじ 「ロッキー・ザ・ファイナル」

闘う相手は、若い力みなぎるチャンピオン?
違うね。
彼は、自分を奮い立たせるための刺激のひとつに過ぎない。

では、何と闘うのか?
時間?
年齢?
自分?

ロッキーの場合、自分じゃない。
だって、自分の心に正直に向き合い肯定しているから。
奥さんへの想いも、息子への想いも、友人への想いも、
全部が行動になって表に出ている。

唯一出しきれていなかったのは、長い間、自分の中で押し殺してきた闘志。
ロッキーは、その抑えてきたものを解き放つようにプロボクサーのライセンスを再取得。

「歳をとったら情熱なんて消えるもんさ」
そんな考えは、みじんも無し。

誰のためでもない、自分のために何度でも立ち上がる。
それが、ロッキーのファイナルファイトだった。

自分をあきらめない。
自分の情熱のおもむくままに人生を生きる。
すっげーかっこよかったよ、ロッキー・バルボア。

団塊の世代が観たら、どんな想いが胸をよぎるのかな。

ちなみに、団塊の世代のちょっと前のオットは、
エンディングロールを見ながらこぶしを握り締めてひと言。
「なあ、俺たちも、アレ、やりに行こうな。ゼッタイ!」

・・・カタチだけ真似しても・・・でも、私もやりたいかも。
[PR]
by lucky-ukky | 2007-05-01 23:23 | MOVIE/映画