Are you happy?


by lucky-ukky

ありがとう を 伝えたい

お世話になった伯父の容態が良くないというので、お見舞いに行った。

最近は、眠っていることが多くなってきたと聞いた。
病室に入るのが怖かった。
どんな状態なんだろう?
どんな顔をしているだろう?
伯父を見て、私はどんな顔をするだろう?


伯父は目を覚ましていた。
入ってきた私を見るなり、「お母さんに似てきたな」と言った。
「そりゃ、他の人に似てきたら困るよね」と、付き添っている伯母と笑った。

「ホスピスに入ったら、早く逝けると思うんだ」と伯父が言い、
「こんなことばい言ってるんよ。やんなっちゃう」と伯母が笑う。
私はただ、伯母の笑いに合わせて笑うしかできなかった。

眠ったり起きたりの繰り返しで、時間の感覚が無くなるのだそうだ。
食事をしたことも忘れてしまうらしい。


私は伯父に、お礼を言いたかった。
幼い頃から遊びに行って、
成人してからも一緒に登山したり、
本当にお世話になった。

一昨年、
やはりとてもお世話になった叔母が亡くなった。
亡くなった後、ありがとうの一言を伝えられなかったことが悲しかった。
叔母さんと一緒に過ごした時間が、本当に楽しかったことを伝えられなかったことを悔やんだ。
それを言ってしまうと、まるで「さよなら」を言ってるみたいだと思ったから。
だから、薬の副作用で痛いという手をそっと両手で包み込むしかできなかった。

そして今回、
やっぱり「ありがとう」とは言えなかった。
病室に伯父さんと二人きりだったら言えたかもしれない。
でも、付き添っているご家族の前では言えなかった。
だから帰り際に、
「おじさん、握手しよ」と言って、手を握ってくるのが精一杯だった。
「私の良いパワーを注入したからね」と冗談で紛らわしたりして。

伯父さん、
伯父さん・・・
[PR]
by lucky-ukky | 2008-01-22 00:40 | THINK/思うこと