Are you happy?


by lucky-ukky

カテゴリ:THINK/思うこと( 15 )

ばいばい えんでば

なんだろうな

わりきっていたつもりだったのだけど
わりきれない思い。

4年間勤めて
できるだけのことはして
それなりに出向先からの信頼も得て
7月末に退職。

最終日、いっしょに働いていた事務局メンバーは送別会をしてくれたけど
ボスは顔を見せず。

今日、そのボスの自宅兼本社での食事会に招かれて参加した。
退職時に会うことができなかったメンバー全員に会えて嬉しかった。
一人ひとりに、お世話になった御礼もできた。

そして、
本当は辞めてすぐに出向先に返さなければいけないのに
辞めたことはしばらく知らせないでおきたいから、持っていて欲しい、と言われて
ずっと持っていた出向先への入館証を、ようやくボスに返すことができた。

これは、もう、関わることはありませんよ。というサヨナラ通達。
ボスは「そう。」とひと言。

退職金も賞与もなかったのは、契約だから仕方ない。
でもね、想像していたとおり、
「お疲れさまでした」も「ありがとう」もなかったね。

いいんだけどね。
私も「お世話になりました」とは言わなかったからね。

本当に残念なのは
出向先には未だに私が辞めてないことになっているために
私からはお世話になった人への挨拶ができなかったこと。
これだけは、本当に残念。

たぶん、こういう思いは想像もつかないことなんだろう。

ばいばい えんでば。
[PR]
by lucky-ukky | 2012-11-03 23:52 | THINK/思うこと

3.11

3.11

13:00
日比谷公園で行われている「Peace on Earth」に向かう電車の中から街の風景を見る。
行き交うクルマ。
道行く人々。
ひとりひとりにそれぞれの生活。
それは、いつもと同じ風景。

こんな日常のあたりまえの風景が、あの日、一瞬のうちに無くなったなんて。


14:46
春の日差しを感じる青空の下、日比谷公園でカウントダウンとともに3万人が黙祷。
沈黙の1分間。

だめだよ、短いよ!
あれはもっともっと長かった!
永遠に続くんじゃないかと思うくらい長かったんだ。


15:05
あれはこのくらいの時間からだった。
本当にたくさんの人の、たくさんの大切なものが失われた。
黙祷は、この時間にも捧げられていいんじゃないか。
私は立ち止まって、空を見上げよう。
そんなこと思っていたのに
実際の自分は
出店で見つけたTシャツ選びに夢中になっていた。

それほどに
当たり前の時間は過ぎていく。

失ってはじめて分かるものが
きっとたくさんある。
[PR]
by lucky-ukky | 2012-03-11 23:43 | THINK/思うこと
富士の雪解け作戦が失敗に終わりそうな気配。

雪 解けずに 凍りつく…
[PR]
by lucky-ukky | 2011-04-03 11:36 | THINK/思うこと
3月11日14時46分頃地震発生。

3月13日14時40分頃 地元スポーツクラブのマッサージ椅子にて、
iPodからの音楽を聴きながら、ふと地震発生時からのことを思い出す。

大きな揺れ、女性の悲鳴、きしむ壁
続く余震

安全確認後、ロビーで見たテレビ中継の音声
押し寄せる津波、流される建物、家屋、車、広がる水・水・水の映像

帰社途中の渋滞、延々と続く赤いテールランプ

会社の食堂で出された素うどん
支給された非常用毛布

朝、同僚と食べたスタバのサンドとコーヒー
押し寄せる津波、流される建物、家屋、車、広がる水・水・水の映像

上野駅に並ぶ人・人・人
途方にくれる人、地面に座り込む人、寝ている人

自宅に帰るのをあきらめて実家に向かう銀座線
迎えてくれた両親の笑顔
押し寄せる津波、流される建物、家屋、車、広がる水・水・水の映像

帰宅途中、止まったままの埼京線の中
迎えに来てくれた夫
夜、夕食を食べに行った居酒屋の賑わい。お客さんの笑い声、子どもの笑顔。
押し寄せる津波、流される建物、家屋、車、広がる水・水・水の映像

マッサージ椅子に座って、ガチガチに凝った体をほぐしつつ
「羊毛とおはな」のSo Far Awayが聴こえてきて
あれ?なんだか泣いてるよ、私。

フラッシュバックのように現れる
押し寄せる津波、流される建物、家屋、車、広がる水・水・水の映像。

あの建物、家屋、車の中に人がいた?
その人が、私の家族だったら?

そう思っただけで。
[PR]
by lucky-ukky | 2011-03-13 18:24 | THINK/思うこと

おせっかいババァかも

週4日の横浜通いを、4月から不定期でよいことにして、しかも徐々にフェードアウトさせてもらう方向で話がつきました。
密かに「富士の雪作戦」と命名。
夏が来る頃には、いつの間にかいなくなってる ってのが理想。

で、夏までに、その会社に、あるモノを残そうと思ってます。
一緒に働いている2人に蓄積されるといいなと。
私は地下水になります。(ハハハ、それも怖いか…)

おせっかいババアです。

では、作戦開始!
[PR]
by lucky-ukky | 2011-02-27 11:31 | THINK/思うこと
久しぶりにブログ更新。
前回の日付を見てびっくり。
なんと丸一年も更新していませんでした。

2010年、私は何をやってたんだろ??

時間に追われていたような気もするし、
そんな状況に甘えて、何もせずに済ませていたような気もするし。

浦和―横浜 通勤往復3時間半の日々。
週末は自治会役員として行事参加。
加えて、友人と会ったりしていて
平日も週末も何も予定の入らなかった日はわずか。

年明け早々に水道管が破裂。
破裂箇所を探すためにガレージは穴だらけ。

空き巣に入られて大損害。

オットが体調不安から検査を繰り返し、
結果に安心したのもつかの間、
会社を辞め、プーさんに。
そして再就職。

他にもあったような気がするけど、ちっちゃなことはどーでもいい感じ。
皆が健康に年を越せたことに感謝。

で、
今年は、区切りの年にしたいな、と。

年齢も区切りがいいし。

まずは、身辺整理。
今流行の「断捨離」、まさにソレ。

最終的には、生きていくために必要な最小限のものだけを持ってるようにしたい。
でも実際は、欲が捨てきれずまだまだ無理。

せめて、本当に大好きなモノだけを残して
他は処分するべく、少しずつやっていきます。

春までに
衣類は1/2に。
本とCDも1/2に。

いちばんの難関は、やきもの。
自分でつくったモノは、半分以上処分済み。

困るのは、好きで買い求めたモノ。
たぶん捨てられない。
なので、これは無理せずボチボチと。

とにかく、ごちゃごちゃモノがありすぎて、
必要なモノが見つからない。
本当に大切なモノがわからない。

だからまず、そぎ落とすこと。
自分にとって大切なもの、必要としているものを確認すること。

モノの整理と同様に、時間の使い方も整理。
時間に使われるのではなく、時間を使うように。

そして、これからの10年をどう生きたいか考えて
そのための準備にとりかかる。

そんな一年にしたいなぁ。





そんなこと言いながら、
正月早々、
福袋を3つも買っちゃった。

物欲と煩悩と矛盾に満ちたスタートです…(^-^; ははは。
[PR]
by lucky-ukky | 2011-01-09 15:50 | THINK/思うこと
運転免許証の更新に行って来ました。

実は先日、スピード違反で御用になった実績(?)がありまして、
必要書類を提出する私に小声で
「先日、軽微な違反をしていますので、今回から5年間、その影響が出てブルーの免許になります。」
と受付の女性。

ええ、ええ、分かっていますとも。
と、こころ静かに「はい。」と答えて番号札を受け取り、待合席へ。

それはいいんだけど、気になったのが、他の人に対するその女性の言い方。
周りに聞こえる大きな声で、
「5年間、無事故無違反ですね。ゴールド免許になります。おめでとうございます!」

はじめは聞き流していたのだけど、何かが引っかかる。
自分がブルー免許だからじゃないと思うんだけど・・・んー、何が引っかかるんだろ???

何回か同じ台詞を聞いた後で、分かりました。

「おめでとうございます!」

ゴールド免許って、めでたいのか?????

だって、当たり前のことをしていただけでしょ。
青信号で渡って、
赤信号で止まって、
スピードを出しすぎないで、
停めちゃいけない所には停めず、
お酒を飲んだら運転せずに、
事故を起こさないでいた。

それだけのことでしょ。

ちゃんと法規を守っていたことは、おめでたいことなの?
何か変だよ、浦和警察署。
[PR]
by lucky-ukky | 2009-12-27 17:22 | THINK/思うこと
お世話になった伯父の容態が良くないというので、お見舞いに行った。

最近は、眠っていることが多くなってきたと聞いた。
病室に入るのが怖かった。
どんな状態なんだろう?
どんな顔をしているだろう?
伯父を見て、私はどんな顔をするだろう?


伯父は目を覚ましていた。
入ってきた私を見るなり、「お母さんに似てきたな」と言った。
「そりゃ、他の人に似てきたら困るよね」と、付き添っている伯母と笑った。

「ホスピスに入ったら、早く逝けると思うんだ」と伯父が言い、
「こんなことばい言ってるんよ。やんなっちゃう」と伯母が笑う。
私はただ、伯母の笑いに合わせて笑うしかできなかった。

眠ったり起きたりの繰り返しで、時間の感覚が無くなるのだそうだ。
食事をしたことも忘れてしまうらしい。


私は伯父に、お礼を言いたかった。
幼い頃から遊びに行って、
成人してからも一緒に登山したり、
本当にお世話になった。

一昨年、
やはりとてもお世話になった叔母が亡くなった。
亡くなった後、ありがとうの一言を伝えられなかったことが悲しかった。
叔母さんと一緒に過ごした時間が、本当に楽しかったことを伝えられなかったことを悔やんだ。
それを言ってしまうと、まるで「さよなら」を言ってるみたいだと思ったから。
だから、薬の副作用で痛いという手をそっと両手で包み込むしかできなかった。

そして今回、
やっぱり「ありがとう」とは言えなかった。
病室に伯父さんと二人きりだったら言えたかもしれない。
でも、付き添っているご家族の前では言えなかった。
だから帰り際に、
「おじさん、握手しよ」と言って、手を握ってくるのが精一杯だった。
「私の良いパワーを注入したからね」と冗談で紛らわしたりして。

伯父さん、
伯父さん・・・
[PR]
by lucky-ukky | 2008-01-22 00:40 | THINK/思うこと

同窓会に行ってきた

10数年ぶりの同窓会。
行くのが怖かった。

駅から学校に向かって歩いているときに、昔のあだ名で呼びかけられた。
一瞬にして「時をかける元少女」になった。
やっぱり行って良かった。

中高一貫教育の女子校だから、参加者は一人の担任を除いて皆女性。
40代半ばのオバ様たちの集まりときたら、もう、凄いパワー!

そして、現役バリバリの医者、証券ウーマン、起業家、教師、主婦・・・
立場こそ違っても、一人一人が確かな価値観をちゃーんと持ってる。

「よく、この学校に6年間も通ったもんだ!」と、10代の自分を、ちょっと誉めたくなった。

皆、しっかり前を向いて生きてるね。
私もまだまだできることがありそうだ。
うん、ガンバロー!
[PR]
by lucky-ukky | 2007-07-21 23:35 | THINK/思うこと

カッコウ

一昨日から、家のまわりでカッコウが鳴いています。
毎年この時期にやってくるカッコウ。

年々、雑木林が造成され、家々の大きな木が伐採されて、
カッコウが訪れる木は減っているはず。
なのに今年も来てくれました。

駅前再開発で激しく往来するダンプカーの音がとぎれると、
聞こえてくる涼しげなカッコウの声。

来年も来てくれるかな・・・
[PR]
by lucky-ukky | 2006-06-02 20:57 | THINK/思うこと