Are you happy?


by lucky-ukky

<   2012年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

十条駅前 斎藤酒場

十条駅前の斎藤酒場。

「一度行ってみたかったんだけど、なかなか機会がなくて」
という酒友に同行。

「ただ、どんな店か分からないんだ。
とにかく古い感じ。戸もすりガラスで、中の様子が分からない。
すっごい寂れているようにも見えるから、もしかしたらハズレかもしれない。」
という事前情報付き。

オッケー、オッケー。行きます、行きます!
私、そういうの大好き。(^^)

仕事帰り、19時頃、冬至の寒さに震えながら、店の前に立つ。
十条銀座の賑わいから外れた裏通り。
赤提灯無し。
しんとして、白黒フィルムの映画のような世界。
のれんには「創業昭和3年 大衆酒場 斎藤」。

ここまで来ても、当たりなのかハズレなのか、私にも判断できず。

「行くよ」
酒友が、すりガラスの戸に手をかけてガラッと開ける。

「うわっ!」と酒友。

「??」
思わず漏れた酒友の声の意味が分からず、続いて覗くと
「うわっ!!」

おっちゃんが、店いっぱいに隙間なくみっちりと詰まってる!

見渡す限り、みんなおっちゃん。
何やらしゃべりまくっている。
楽しそうだ。
店中に良い「気」が充満している。

これぞ大衆酒場。
店構えも、品書きも、値段も、接客も全然気取らない、大衆酒場の王道。
そんな店だから、客も全然気取りがない。
コートを着たまま、コップ酒。自家製ポテトサラダともつ煮。

席を譲り合って、私たちも席に着く。

客の回転が早い。
良い「気」に乗せられて、私たちもひとしきりしゃべってふと気がつくと、
周りの客は、すっかり顔ぶれが変わっている。

そういえば、
20時を過ぎた頃から、中高年の男女二人連れが入り始め、おっちゃん酒場から少し雰囲気が変わり始めた。
21時を過ぎる頃には、若い人が入り始めて、女性のグループも多くなった。

入れ物は変わらないのに、中身が変わると、こうも雰囲気が変わるのか。

私が好きなのは、
「うわっ」って声が出ちゃうほど、おっちゃんの良い「気」が充満した20時迄。

だから、
次からはここは早めに切り上げて、2軒目に行きましょう。
ね♪ (^^)
[PR]
by lucky-ukky | 2012-12-23 15:43 | EAT/食べること